投資基準
 
安定したキャッシュフロー
安定した収益力があり、借入金の返済原資が十分に予想できる
安定したマーケット
ニッチでも安定した需要が見込まれ、マーケットシェアが確保できる
確立されたビジネスモデル
景気や技術革新の影響を受けにくいビジネスとして成立している
経営効率の改善余地
経営資源の有効活用や戦略の転換により、企業価値の向上が期待できる
信頼できるマネジメントチーム
新・経営者のマネジメント能力、資質が優れている、もしくは、適切な人材の派遣が可能である
実現可能なEXIT戦略
「IPO」もしくは「M&Aによる規模拡大」により、3~5年後のEXITが見込まれる
経営権の取得
過半数もしくは3分の1以上の出資比率を確保することで、経営権の
取得が可能
妥当性のある買収価額
キャッシュフロー、事業の将来性とのバランスがとれた適切な買収
価額である